おまとめによる利払いの減少

借金の利払いの見直しには、消費者金融や銀行のおまとめローンが有効です。しかしおまとめローンに乗り換える際は、判断材料の吟味をしっかりと行ってください。これを怠れば、新契約への乗り換えが全く無意味なものとなる可能性があります。

 

おまとめローンサービスを判断するのに必要なポイントは、金利の利率と完済までの返済回数です。どちらか一方のポイントの考察では不十分です。たとえば、乗り換え前の旧契約の金利よりも新契約の金利の方が低い場合であっても、完済時の利払い合計が増加しているケースが考えられます。これは何故なのでしょうか。

 

契約の見直しにより、旧契約と新契約で完済日が異なる場合、総利払いも異なります。借金の利払いは、金利の利率と完済までの日数が大きく関係しています。

 

このうちどちらか一方の数値が上昇しても、算出される利息は増加します。ですから新契約により完済日が遠くなれば、旧契約よりも金利の利率が低くても、総利払いが増える可能性があるのです。

 

よって新契約の乗り換え前は、新たな金利と返済回数をセットでシミュレーションしてください。シミュレーションにより、頭の中で考えるイメージと現実との誤差をなるべく小さくさせておきましょう。

 

利息の払いを減らすならおまとめローン

おまとめローンで利息の支払い金額を減らせれば、完済を楽に目指せるようにもなります。対応するカードローンでおまとめローンの申し込みをする必要があるので、まずは低金利となるオリックス銀行からチェックです。